政治家

岸田翔太郎(岸田首相の息子)の経歴/年齢は!商社出身や学歴をwiki風に!

『岸田文雄氏』こと『岸田首相』の息子が秘書官になるということで、支持率急落中にKY(空気が読めない)ということが言われ、その『岸田首相』の息子である『岸田翔太郎氏』の経歴や年齢、学歴などをwiki風にまとめてみようと思います。

『岸田首相』の子供は3人いるようで、下記の通りになります。

  • 岸田翔太郎(長男)
  • 岸田晃史郎(次男)
  • 岸田(三男)

岸田翔太郎【岸田さんの息子】のwiki風プロフィール!

岸田翔太郎

※ 岸田翔太郎

【名前】: 岸田翔太郎(きしだしょうたろう)

【出身】: 広島県広島市

現時点の住所は、『東京都港区』になり、既に結婚されているようですね。

【所属】: 岸田文雄事務所(2020年~)

【Instagram】: 不明

【twitter】: 不明

母親の名前は、『岸田裕子さん』になり、『岸田首相』が31歳、『岸田裕子さん』が24歳の頃にお見合い結婚したということです。

岸田翔太郎【岸田さんの息子】の経歴は!

岸田家族

※ 岸田家

『岸田文雄氏』こと『岸田首相』の息子ということで、『岸田翔太郎氏』の経歴が気になり、『岸田首相』の息子ということで、エリートの可能性は多いにあり、どういった経歴なのか調べてみようと思います。

【岸田翔太郎は商社マンだった!?】

岸田翔太郎氏は、大学卒業後に、『三井物産』に入社し、三井グループの大手総合商社になるので、ここまで大手の会社に入社するには、それなりの学歴が必要になってくるのは確かですね。

『岸田首相』は、 『早稲田大学法学部』出身ということになり、祖父の『岸田正記氏』、『岸田首相』の父親である『岸田文武氏』も政治家であるということで、政治家になる人は、家系なのでしょうか!?

岸田翔太郎は、2020年からは、公設秘書を務め、秘書官であった『山本高義氏』が辞職した流れで、『岸田翔太郎氏』が抜擢された流れのようで、年収は1000万円を超える可能性もあるということで話題になっていますね。

【学生時代はバトミントンで活躍!?】

高校時代は、バトミントンをやっていて、プロ級と呼ばれるほどの実力があり、大学時代もバトミントンに励み、神奈川大会では、ダブルスで優勝した過去もあるようですね。

前述した通り、既に結婚済みになり、『岸田翔太郎氏』が25歳程の時には、結婚していたようですね。

ただ、一緒に住んでいるかは不明で、『岸田首相』、『岸田翔太郎氏』、『岸田晃史郎氏』とともに議員宿舎に住んでいることが報道されていました。

岸田翔太郎【岸田さんの息子】の年齢や生年月日は!?

岸田翔太郎

岸田翔太郎

岸田翔太郎氏の年齢や生年月日は、下記の通りになります。

【生年月日】: 1991年1月14日

【年齢】: 31歳(2022年10月現在)

平成3年生まれになり、『ゆとり世代』といったところでしょうか!?

前述した通り、岸田首相の長男になり、次男、三男がいて、次男の『岸田晃史郎(きしだこうしろう)氏』の年齢は下記の通りになります。

【生年月日】: 1997年5月28日

【年齢】: 25歳(2022年10月現在)

三男の詳細は不明で、可能性としては、大学生くらいの年齢のように感じますね。

岸田翔太郎【岸田さんの息子】の学歴は!?

岸田翔太郎氏の学歴は、一体どうなのかということですが、大学卒業後、2014年、『三井物産』に入社したということで、大手商社になるので、それなりの学歴はあるのは確かということで、調査してみようと思います。

【岸田翔太郎の出身中学はどこか!?】

岸田翔太郎氏は、『広島県広島市』になり、出身中学は、政治家の息子ということだけあり、広島にある難関私立中学の出身のようですね。

【出身中学】:  修道中学

【所在地】: 広島県広島市中区南千田西町8-8-1

【偏差値】: 63

この中学出身の有名人で、『吉川晃司さん』もこの中学を卒業しているようですね。

【岸田翔太郎の出身高校はどこか!?】

岸田翔太郎氏の出身高校は、どこかということですが、そのままエスカレート方式で進学した流れのようですね。

【出身中学】: 修道高等学校

【所在地】: 広島県広島市中区南千田西町8-8-1

【偏差値】: 70

中高一貫の高校になり、難関大学(東京大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学)へ多く輩出している高校になりますね。

【岸田翔太郎の出身大学はどこか!?】

岸田翔太郎氏の出身大学はどこかということですが、下記の通りになります。

【出身大学】: 慶應義塾大学法学部政治学科

『慶應義塾大学』卒業後は、前述したとおり、『三井物産』『議員秘書』『首相秘書官』という流れにあり、世間では、『公私混同』という声もあり、批判を浴びています。

過去に『福田達夫氏』も同様な流れで『慶應大学』『三菱商事』『議員秘書』『首相秘書官』になっているので、やはり親の影響力というのは反映されていますね。

-政治家